【Minecraft】WorldEditの使い方:ブロックのコピー&ペースト「copy・paste」

Minecraftで建物や街を作っていく際、基本的には一個一個こんこんブロックを置いていくのですが、複数設置するものはWorldEditを使ってコピペして時短しています。
現在作成中の街に設置している街灯を使って、ブロックのコピペを試します。

WorldEditを使ったブロックのCopyとPaste

コピー開始

街灯の土台(石レンガ)から、街灯全部をコピーしたいので、始点は土台の石レンガを指定します。

終点

街灯の一番上を終点に設定します。
First posisionとSecond positionの表示が出ていたら指定できていると思います。

コピー設定

街灯の足元に立って、

//copy
とコマンドを打ちます。
自分の立ち位置の正面がコピーされるので、コピーしたいものの手前に立ってコマンドを打ちましょう。
立ち位置は別にどこでも構わないのですが、自分が立っていた地点を基準にコピーされるので、目の前を起点にしたほうがわかりやすいです。

赤い丸 = 自分
青い四角 = コピーしたいもの

とすると、コピーする時に隙間を開けてコピーした場合、ペーストする時も隙間が空いてしまうのですね。

この隙間があっても位置調整問題ない場合はどこでコピーしても良いのですが、目の前を起点にした方がわかりやすいと思います。

貼り付け位置

街灯を設置したい場所に立って

//paste
と打ちましょう。

貼り付け完了

無事に街灯をペーストすることが出来ました。

このコピー情報は、他の位置指定をしない限りはクリップボードに保持されるので、必要な場所にどんどんペーストしてしまえば時短が可能です。

ひとつひとつ丁寧にブロックを置いていくも良し、大きなものを作る時は便利な部分は利用していくのも良いかと思います。