Minecraft1.12.2対応リソースパックConquestの導入方法

Minecraftの見た目を変えることの出来るリソースパック。
今回はちょっぴりダークなファンタジー建築に向いたリソースパック「Conquest Reforged」を導入しました。

リソースパックConquest Reforgedとは?

Conquestはファンタジー向けのリソースパックの中でも、かなりダークめなデザインのリソースパックです。

ConquestとConquest Reforgedは何が違うのか、というところが実は私もよくわかっていなかったのですが、Conquest ReforgedはオリジナルであるConquestにArdaCraftを追加して、オリジナルよりもずっとたくさんのブロックを利用できるようにしたMODという感じみたいですね。

なので、リソースパックであるところの「Conquest」とMODの「Conquest Reforged」両方導入する必要があります。

Conquest単体でも勿論動作するのですが、MODのConquest Reforgedを入れることで、使用できるブロックが一気に増えます。

Conquest Reforgedの最新バージョン

2019.10時点では、Minecraft 1.12.2に対応しています。最新版のConquestには対応していません。

 

Conquest Reforgedのダウンロード

Conquest Reforgedは以下のサイトでダウンロードできます。

海外のサイトはウイルスの仕込まれたリンクも多いので、覚えのないリンクやダイアログが表示されても、クリックしないように気をつけてください。

Conquest Reforgedのダウンロード

Conquest ReforgedのMODダウンロードはこちらから

Minecraft 1.12.2への導入なので、2019.10時点ではこちらが最新版です。

右上にある「Download」ボタンを押してダウンロードします。
(一番右のInstallボタンは、Twitchアプリ用です)

ダウンロードページが開くとページの真ん中でカウントダウンが始まります。
カウントダウンが終わったら、ダウンロードされるので、このまま待ちましょう。

Conquestリソースパックのダウンロード

Conquestリソースパックのダウンロードはこちらから

MODファイルと同じように、右上にある「Download」ボタンを押してダウンロードしてください。
ダウンロード手順も、MODと同様です。

 

Conquest Reforgedの導入

Minecraftの環境を作っていない人は、新規作成してMinecratを起動、一度クライアントを閉じてください(初期フォルダ群を作るため)
既に環境がある人はこの作業は必要ありません。

ForgeとOptifineの導入

ConquestはOptifine推奨なので、ForgeやRiftといったツールが必要になります。

今回私はForgeを採用しました。
ForgeとOptifineの導入については、以下の記事を参考にしてみてください。
Forge、Optifineともに、Minecraft1.12.2用のものを導入してください。

関連記事

Minecraftでよく使われているForgeの解説と導入についての記事です。 Minecraftでよく見かけるForgeとは? ForgeとはMinecraftでMODを使用する際に、基盤となってMODを管理してくれるプラグイ[…]

Minecraft Forge導入
関連記事

Minecraftでよく使われているOptifineの解説と導入についての記事です。 Minecraftでよく見かけるOptifineとは? 一言でいうと「Minecraftを軽量化してくれるMOD」になります。 Minecr[…]

Optifine導入

ダウンロードしてきたConquestファイルの設置

Minecraftのゲームディレクトリの下、「mods」フォルダの下にConquest ReforgedMOD(例:ConquestReforged-3.0.2-mc1.12.2.jar)を入れてください。

同じように、Minecraftのゲームディレクトリの下、「resourcepacks」フォルダの下にConquestリソースパック(例:Conquest+Reforged.zip)を入れてください。

ゲームディレクトリについては、以下の記事を参考にしてみてください
関連記事

MinecraftにMODやリソースパックを導入する際によく調べるMinecraftゲームディレクトリの場所についての記事です。 Minecraftのゲームディレクトリとは? MODやリソースパックを導入する必要がなければ、特に[…]

Minecraftゲームディレクトリについて

リソースパック設定

MODとリソースパックを設置したら、Minecraftクライアントを起動してください。

設定>リソースパックに移動して、

このように、右側にリソースパックを移動させたら設置完了です。

 

無事に設定が終わって、Conquest Reforgedの画面が表示されました。
左下の表示の通り、ForgeやOptifineも読み込まれています。

リソースパックが認識されていなかったり、赤いエラーが表示されていたり、Mod ListにConquest ReforgedやForgeがなかったり、起動画面にOptifineがない場合は、バージョンが間違っている可能性や、ファイルを入れるフォルダが間違っている可能性があります。
確認してみてください。

 

Conquest Reforgedで作った例

Conquest Reforged1.12.2で試しに作ったもの

Conquest Reforged1.12.2で試しに作ってみました。
ファンタジー向きのブロックがたくさんあって、建築が捗りそうです。
1.13以上に慣れると、木の形が少々残念ですが、ブロック数を取るか自然さを取るかというところですね。そのうちConquest Reforgedも1.13以降対応すると思うので、その時にまた追い掛けたいと思います。

Conquest1.14.4で試しに作ったもの

ちなみに、こちらがConquest1.14.4で試しに作ってみたものです。
MODが無いため、ブロック数は相当少ないです。
木の葉っぱは自然ですが、建築に凝りたいなら、1.12.2がおすすめですね。

 

この2例はどちらも影MODが入っての見た目になります。
影MODはSEUS Renewed v1.0.0版を使用しています。

こちらの影MOD導入については以下の記事を参考にしてください。
(光源変更記事ですが、導入も記載していますのでそちらを参考にどうぞ)

猫ろぐ。

前回、Minecraft「SEUS v11.0」でシェーダーの色変更をしたのですが、新しくなった「SEUS Renewe…