【Minecraft】WorldEditでよく使うコマンド一覧

Minecraftで大規模建築をする時に大変重宝するのがWorldEditです。
ここではよく使うコマンドを一覧でまとめています。詳しい使い方のメモは、別途ページを分けています。

WorldEditとは?

WorldEditの説明、及び導入方法は以下を参照して下さい。

関連記事

過去記事にもちらほら出てきたMinecraftのプラグイン(MOD)「WorldEdit」の導入方法です。 WorldEditとは? Minecraftで建築をしようとしている方なら、どこかで一度は耳にしたことがあるのではないか[…]

Minecraft WorldEdit導入

 

WorldEditでよく使うコマンド一覧

リンクが設定されている項目は、説明ページがあるコマンドになります。
説明ページ・コマンドは順次追加していきます。

基本コマンド

//undo WorldEditでの作業を巻き戻す。いわゆるCtrl+Z
//redo WorldEditでの作業をやり直す。いわゆるCtrl+Y

ナビゲーションコマンド

/ceil 天井に行く
/thru 壁をすり抜ける
/jumpto 選択ブロックにテレポートする
/up 上に移動する

選択コマンド

//wand WorldEditの基本となる「木の斧」を出す
//pos1 位置1を指定する。木の斧での左クリックに相当します。
//pos2 位置2を指定する。木の斧での右クリックに相当します。
//hpos1 位置1をターゲット設定します
//hpos2 位置2をターゲット設定します
//shift 選択範囲を移動させます
//count 選択範囲のブロック数を数えます

リージョンコマンド

//set 選択範囲内の全てのブロックを置き換える
//replace 選択範囲内の指定のブロックを置き換える
//overlay 選択範囲内に指定のブロックを積み重ねる
//center 選択範囲の中央ブロックを指定する
//walls 選択範囲を基準に壁を作る
//outline 選択範囲を基準にブロックで箱を作る
//smooth 選択範囲の標高を滑らかにする
//move 選択範囲のブロックを移動させる
//stack 選択内容を繰り返す
//forest 選択範囲内に森を作る
//flora 選択範囲内に植物を植える

生成コマンド

//hcyl 現在位置を中心に指定のブロックで円筒を生成する。
//cyl 現在位置を中心に指定のブロックで円筒を生成する。
//hsphere 現在位置を中心に指定のブロックで中身が空洞の球体を生成する。
//sphere 現在位置を中心に指定のブロックで中身が詰まった球体を生成する。
/forestgen 森林を生成する

クリップボードコマンド

//copy 選択範囲をクリップボードにコピーする
//cut 選択範囲をクリップボードに切り取る
//paste クリップボードの内容を貼り付ける
//rotate クリップボードの内容を回転させる
//flip クリップボードの内容を反転させる
/clearclipboard クリップボードの中身を消去する

ツールコマンド

/none 手に持ったブロックからツールのバインドを解除する
/info 手に持ったブロックをブロック情報を調べるツールにする
/tree 手に持ったブロックを木を生やすツールにする
/repl 手に持ったブロックを置き換えツールにする
/floodfill 手に持ったブロックを塗りつぶしツールにする